ステファニー
人事マネージャー

  • クラブメッド入社年月日 :
    2005年10月
  • リゾート :
    オピオ、ヴィッテル、セール シュヴァリエ、ラ パルミレ アトランティック、シャモニー
  • 研修 :
    司法に関する修士号、経営大学院修了証書(DESS)、人材開発に関する修士号
略歴
  • 人事アシスタント
  • 人事マネージャー
Key phrase
永遠に心に刻み込まれる大切なひととき

私がクラブメッドの求人を見つけたのはまったくの偶然でした。クラブメッドは私のお気に入りのリゾートで、3年連続でGMとして休暇を過ごしていました。たまたまインターネットで求人を見つけたのは、クラブメッドでの休暇から帰宅した直後のことでした。私はすぐに応募を決め、オピオのリゾートで勤務することになりました。1年間、人事アシスタントを務めた後、人事マネージャーに昇進し、数シーズンオピオにて勤務しました。

私は毎日、リゾートのすべての従業員の勤怠管理をしていました。このポジションは徹底した厳格さと正しい法律知識が求められます。しかし、ここでは個人の姿勢が知識より優先されるともいえるでしょう。偏見のないオープンな態度で、従業員を受け入れ、共感を示すことが求められます。また、クラブメッドでは多様な能力を発揮し、いつでも対応できる態勢を整え、柔軟に対処することを学びました。こうして学んだことが今の私の最も貴重な財産になりました。

クラブメッドでの5年の勤務を経て退社を決意したのは、元G.O.と結婚して新生活を始めるためです。その後の就職活動では、クラブメッドでの経験のおかげですぐに新しい仕事を見つけることができました。

今後、クラブメッドに戻ってくることがないというわけではありません。クラブメッドでは楽園に住み、特別な経験(ステージに上がる前に大量のアドレナリンが分泌されたことなど)をし、素敵な人々との出会いがありました。「クラブメッドで過ごした」有意義な素晴らしいひとときは永遠に心に刻み込まれるでしょう。私はクラブメッドの一員であったこと、そして私自身がその社風と多様性の一部となっていたことを誇りに思っています。