ステファニー
財務調整および事業支援担当ディレクター

  • クラブメッド入社年月日 :
    2001年2月
  • 研修 :
    Ecole Supérieure des Sciences Commerciales d'Angers、専攻:収益管理(ESSCA)
略歴
  • 目標収益管理担当者
  • 目標収益管理者
  • 収益管理者
  • 財務調整および事業支援担当ディレクター
Key phrase
クラブメッドでの幸福は新しい自分の発見です。すなわちほかの人から学び、自己充実感を得られることです

私は常に観光業界で働きたいと思っていました。クラブメッドのパンフレットが常に自宅に置いてあり、いわば私はクラブメッドの存在と一緒に成長したようなものなのです。当然のごとく、私はコース終了後のインターンシップではクラブメッドを選びました。それは極めて充実した経験で、その後、正社員としてのスタートを決めました。

私は収益管理部でいくつかのポジションに就き、欧州アフリカ新興市場ビジネスユニットの財務調整および事業支援担当ディレクターに任命されました。現在は経営管理、価格設定、および事業支援の3つの分野を監督しています。営業担当者に対するさまざまな支援業務に関する専門知識のおかげでこのポジションに就くことができました。市場の問題を直視し、市場の進化を望み、市場の成長をサポートし、数値と分析に対するセンスがあり、チームで円滑に仕事ができるという事が、任務達成に必要なスキルです。

私は私自身と共感できる価値観を持つ会社で学び、チーム単位で職務を遂行し、事業の発展に寄与する、意欲的な毎日を送っています。私の最も印象的な思い出は、同僚と楽しく過ごしたひととき(例えばリゾートで開催されたセミナーでのさまざまな経歴を持つ同僚と出会い、共に課題に取り組み、チームで成功したことなど)と、クラブメッドファンデーションの活動でRobert Debré子ども病院の幼い入院患者と過ごしたひとときです。私にとってクラブメッドでの新しい自分の発見の喜びは他者の豊かさを学び、見つけること、新たな職務に向けて成長する可能性を得ること、また新たに挑戦することを意味します。