キャロライン
経営監査担当

  • クラブメッド入社年月日 :
    2006年8月
  • 研修 :
    HEC経営大学院(EDHEC:Ecole des Hautes Etudes Commerciales)、コーポレートファイナンス
略歴
  • ジュニア内部監査担当
  • 財務マネージャー
  • 経営監査担当
Key phrase
クラブメッドで働くということは、仲間と楽しめる会社で働くということです

私は常に観光業、正確にはクラブメッドに魅力を感じていました。私はさまざまなインターンシップの中でこの会社に出会いました。監査法人で初のインターンシップをした後、私はジュニア内部監査人としてクラブメッドに入社しました。その後、ドイツのオフィスに財務マネージャーとして2年間在籍しました。それからパリに戻り、クラブメッドの本部に勤務し、経営監査担当に任命されました。

私の主な任務は、予算の管理、プロジェクトの事務管理のモニター、財務データの信頼性確保、建設部門のサポート役を努めることです。このポジションで成功するためには、几帳面で確固とした意志を持ち、積極的で、事態を当然のこととして受け入れず、自分が行う職務を継続的に管理する必要があります。

クラブメッドは、職業面でも個人的な面でも私の人生に実に大きな影響を与えました。会社はすぐに私に信頼して仕事をまかせてくれ、私は自主的に仕事ができるようになりました。さらにクラブメッドは私に管理職につくチャンスを与えてくれました。私は実にさまざまな人に出会い、そうした出会いは人生を非常に豊かにしてくれます。かつて私は内気でしたが、今はよりオープンな女性になることができました。

私はクラブメッドで働くということは、人々と楽しめる会社で働くことを意味すると思います。心を躍らせるようなプロジェクトを管理できることに加え、よい条件と明るい雰囲気の中で働くことは、毎日、私の意欲を高めてくれます。私は社内で成長し続け、新たに海外への異動の機会を探しています。次はオーストラリアにも興味を持っています。