アマル
飲食料品購買マネージャー

  • クラブメッド入社年月日 :
    2003年3月
  • 研修 :
    経済科学の研修、経営学修士(MBA)-接客管理
略歴
  • 購買マネージャー
  • カテゴリマネージャー
  • 飲食料品買付担当者
  • ホテル資材、消費財、飲食料品購買マネージャー
Key phrase
クラブメッドで最も印象的なのは人々の笑顔です

私がクラブメッドについて初めて知ったのは学生のときです。クラブメッドの創業者の1人、ジルベール・トリガノが私の学校を訪問し、クラブメッドを紹介してくれました。彼の言葉はとても力強く、私たちの皆の心をつかんだ事を今でも覚えています。

しかし、私のキャリアのスタートはクラブメッドではありませんでした。インターンシップ中ににある大手ホテルグループに採用され、そこで購買マネージャーとして5年間勤務しました。その後、2002年に人材紹介会社から仕事のオファーを受け、私の人生は再びクラブメッドに関わるようになりました。

クラブメッドで飲食料品買付担当者としての主な任務は仕入先をフランスに集中することでした。2007年にはホテルの資材および消費財、飲食料品購買マネージャーになり、担当範囲が拡大しました。私の責務は、日々の契約の事後確認を行うことを中心に、サプライヤーの特性、各リゾートや各部門を考慮し、クラブメッドのより上質なリゾートを目指す戦略に購買戦略を合わせていくことでした。

クラブメッドのおかげで、観光産業という世界を知り、愛するようになりました。好奇心を育み、さらには行動を広げることもできました。クラブメッドではたくさんの出会いがあります。この会社のDNAは、幸せになり、周囲の人々を幸せにするという私の人生のビジョンにぴったりです。クラブメッドについてはいろいろな思い出がありますが、最も印象的なのは他でもない人々の笑顔と思いやりです。