ノルベルト
広報マネージャー

  • クラブメッド入社年月日 :
    2009年6月
  • リゾート :
    ペイジー ヴァランドリ、Athenia、ウェンゲン、ラ パルミレ アトランティック、Les Boucaniers
  • 研修 :
    コミュニケーションおよび広報のBA、専門:マーケティング
略歴
  • フロントデスクエージェント
  • 広報コーディネーター
  • 広報マネージャー
Key phrase
クラブメッドの意義は幸せを分かち合うことです

クラブメッドが調理とホテル事業に関する仕事を提供し、国際的なプレゼンスを確立しており、人事方針では社内の昇進を重視していることを知り、2009年6月にクラブメッドへの応募を決めました。接客に興味があり、数カ国語を話すことができたので、フロントデスクエージェントに応募しました。

クラブメッドでの最初のシーズンを過ごしたペイジー ヴァランドリでは、同じ価値観を持つ人たちと協力して仕事をすることの楽しさに気づきました。モチベーションが高いチームの一員となった私は、その雰囲気にすっかり魅せられて、クラブメッドで活躍したいと思うようになりました。現在はマルティニーク島のLes Boucaniersのクラブメッド・リゾートで広報マネージャーを務めています。ある意味、私は総支配人の右腕であり、総支配人の不在時にはリゾートの円滑な運営を監督しなければなりません。私はこの任務にやりがいを見出しています。

この仕事ではプロフェッショナルで、責任感を持ち、柔軟性に富み、常に対応可能な状態をつくる必要があります。しかし同時に、思いやりがあり、情熱的かつフレンドリーでなければならず、何よりもG.M.を喜ばせたいという気持ちが欠かせません。人間関係が私の原動力ですが、クラブメッドでは幸運にもさまざまな文化を持つ人々と仕事をしたり、出会ったりすることができます。ときには驚かされる人もいますが、常により辛抱強く、世界に向かってもっと広く心を開こうという気持ちにさせてくれます。

今、クラブメッドで数シーズンを過ごし、仕事だけでなく個人的にも充実感を得ることができました。クラブメッド・リゾートの雰囲気は非常にフレンドリーなので、誰もが自由に自分の考えを述べることができます。それこそがクラブメッドで働くことの意義です。つまり幸せを分かち合うことです。クラブメッドでの冒険がリゾートだけで終わらず、今後本社に活躍の場を広げる事ができることを願っています。